「段ボール」に乗って、サーフボードのコントロールする為の練習方法について

サーフボードをコントロールする方法を習得しよう

YUJI

基本的なボードコントロールができるようになる為の一連の動作は学べたと思うから、それらをまとめた一連の動作をまとめた練習をしていくよ。

コレクトくん

はい!いよいよ、これまでのポイントを思い出しながら実践してみます。

テイクオフをして波に乗ると、サーフボードを自分の力で無理矢理と動かそうとする方が多く見受けられます。これは陸での動作と同じ方法を取ろうとしているが故に、何も意識しないとそのようになってしまっています。
「海」と「陸」は異なります。


海には、波のパワーがあります。波のパワーを利用できるように、サーフボードにかける加重をコントロールしていく必要があります。サーフィンを上手に行うことができている方は、海の上でジタバタと動いていないのは周りを見ていてお気づきになると思います。ご自身がしっかりとサーフボードをコントロールできるようになる為に、陸上で動作を練習していきましょう。

陸上で段ボールを使ってサーフボードのコントロールを練習しよう

これまで練習してきた「ニュートラルポジション」「ランジ(=正しいしゃがみ込み)」「ジャンプ」を組み合わせて、一連の動作を通して「アップス」を陸上で練習してみましょう。この動きを筋肉に覚え込ませることができれば、海で最低限のボードコントロールはできる様になります

段ボールで「アップス」を練習する時のポイント

段ボールを前に進められるようにコントロールする身体の動かし方を練習していきます。

❶ニュートラルポジションを取ります。
❷ひざを曲げ「ランジ(=正しいしゃがみ込み)の姿勢で構えます。
❸両手を上げて、骨盤を前に出しジャンプをし、段ボールが自分の動きに合わせて前に進むようにコントロールします。
※この時に、屈伸運動を行い、腕と膝で同時に起き上がり、腰を間に進めるイメージでジャンプを行うイメージです。

【ポイント】
背筋を伸ばして姿勢を整えて無駄な力がかからないように矯正するために、棒を両手で持ち動作を行ってみて下さい。推進力が上がることが実感できます。

海に入る前、ご自宅でこの動きを練習することで、海では正しくサーフボードをコントロールしていきましょう。 この動きができるようになれば、これまで行っていたジタバタの動きも解消されているはずです。

動画を見ながら自宅トレーニングの勧め

「DRIVE CARDBOARD」について、有料解説動画(¥110)が以下から確認できます。
ご自宅・海でトレーニングをする際の答え合わせに是非活用下さい。

DRIVE CARDBOARD

アーカイブ