安定したテイクオフを行う為に必要な「腹ばいの仕方」

テイクオフを安定させるには、まずは「腹ばい」から改善させましょう

YUJI

では「腹ばい」の姿勢をここでとってもらえるかい?

コレクトくん

「は・ら・ば・い」ですか?なんか、オットセイみたいになっちゃいますね 笑

YUJI

おいおい。。。先が思いやられるなぁ。

「テイクオフ」を行う時に、必ず「腹ばい」の姿勢を取ることになりますが、この「腹ばい」、何となく行なっていませんか?特に意識をせず、とにかくただ立ち上がってしまっているという方は、一度基本動作を学んで試して頂きたいです

テイクオフ後に姿勢を安定させる為には、まず「腹ばいの仕方」をしっかりと理解する必要があります。

「腹ばい」でよくやってしまう「飛び上がり」動作

コレクトくん

立ち上がった後の姿勢がどうも安定しないなぁ。陸でこれだと、海ではもっとできないんだろうし。。。。

今の状態で良くないと認識できているだけでも十分だよ。どこが良くないかを考えていこうか。

2種類あるテイクオフの違い

テイクオフには、「Pop up」と「Walk up」の2種類が存在しますが、我々は「安定した姿勢」と「その後の動作が柔軟」に行うことができる「Walk up」である「ウォークアップテイクオフ」を推奨しています。

何も意識しないでテイクオフを行うと、海での焦った動作が原因で「Pop up」を行いサーフボードに飛び上がって乗ってしまうことが多いです。これでは、安定した姿勢を取ることができず、その先の動作に繋げにくいです

海に入る前に陸上で確認するべき「腹ばいの仕方」について

テイクオフがうまくできないという方は、海に入る前に「腹ばいの仕方」を陸上で再確認することをお勧めします。

まずは、ベストなスタンスを取った状態から、パドリングを行うように寝転がった体勢まで戻ってみて下さい。「腹ばい」を考える為には、立ち上がった後のスタンスの理想系から動作を戻していくと分かりやすいです。

立ち上がった状態から「腹ばい」へ戻していくステップ

この逆に戻る時の動作は皆さん安定してゆっくり行えると思いますが、この逆の動きを行なっていくのが「Walk up」です。

この動作は簡単で、陸上で行うとすぐに実践できると思います。但し、海だと波に押される一瞬での判断が必要になる為、「頭」では理解できていても実践ができないのは良くある話だと思います。「頭」で理解はできていても実践できない時は、「身体」に覚えさせるのが有効です。

ご自身の最適な「腹ばいの仕方」を陸上で体得する為に、海では1日数回しかできないテイクオフの練習を、陸上で100回練習すれば、すぐに身につきます。

コレクトくん

今週土曜日までに毎日100回やって、安定して立ち上がってやるぅ〜!!

動画を見ながら自宅トレーニングの勧め

「腹ばい」について、有料解説動画(¥110)が以下から確認できます。
ご自宅・海でトレーニングをする際の答え合わせに是非活用下さい。

How to lay-down

アーカイブ